蒲団の片隅から

日常つれづれブログ。時々更新。好きなことしか語らない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちときつい。

しばらく、かなりハイになっていたため、冷静に考えて薬を増やしてもらいました。
思考奔逸という脳の処理速度が速くなりすぎるのが常軌を逸しているように考えた結果です。

副作用が酷い状態です。
いきなり辛くなったり(胸がドキドキしたり、心が痛いなどの心の痛覚を刺激される)、目の焦点が合わなくなったり、耳も目も鼻も封じられるような感覚にも心は折れそうになりますが、大丈夫です。
私は生きる。そう決めていますので、よく眠り、食べられるものを食べ、少し休養を取ろうと思います。

ツイッタもちょっとお休み。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/24(水) 06:28:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの日のお前

ちょっと昔の話。
書くのが面白いのと周囲の人々が優しいのでつい小説を書いていた時期がある。
最初に書いたのが高校時代でいつだったか、好きな作家さんにイラストをいただいた。
まぁ、連作短編燃え尽き打ち切りだったのだけど。
あれね、風呂敷を畳めない子。

ラフとか習作もいっぱいあって、とっといたのね。
キャラが元気だったのですよ。
この子達をまた動かしたいなぁ。
今度こそって。

今、シノプシスという概念をむにむにしながら、あの日のお前はよくやったよ、でも、馬鹿だな。
でもね、無駄じゃないと思うんだ。

  1. 2012/10/19(金) 22:04:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日の課題。

予告編

僕たちは訳も分からず戦っていた。学校の給食の時間、限界との戦い。脱落していく皆。最後の戦いは白熱した。勝利したのは僕じゃなかった。しかし、本当につらかったのは翌日だ。僕たちは牛乳が何本飲めるかを競い合っていた。僕は学校を休んだ。勝利した先生は苦しそうに授業をしていたらしい。 続きを読む
  1. 2012/10/13(土) 17:30:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう戻れない。

昨日朝に私の心を刺す言葉をもらった。
一日中ずっと考えていた。痛くてたまらなかった。
もっとフルボッコになるのかと思ったけど不思議ともうもっとやれよ、全力で受け止める。
かっとなってずーっと熱く怒ってて、胸が痛くて泣いて、逃げたいし辛いしぐっっちゃぐちゃだけど。

貴方のことを本気で殴り返したいんだ。
心を刺したいんだ。抉りたいんだ。
上手い下手とかそんなんどうでもいい。心を傷つけたい。
もう好きとか嫌いとかそんなんじゃなくて、私がここにいるってことを認めさせたいんだ。
いなくてもいても一緒じゃない他の誰でもない私がいるよ。

痛くてお腹空いて眠れなくて疲れてて泣きたいけど、ファイティングポーズで泣き笑い状態で貴方を殴りたいと思う自分がいる。

そしたら、言葉が溢れてきて恥ずかしい話だけど、世界って美しいなぁって思った。
自分の中にまだまだ腹黒い衝動が溢れる位あることに吃驚した。ことごとく当たる予言にぞっとした。
というか、今までどこにそいつを収納してたんだろう。

私のナイフで貴方を刺したいです。
他人のナイフ借りないでさ。

そっち行ってやるから。
私は貴方に会いたいです。
私に心があるから。

生きてやる。
  1. 2012/10/12(金) 07:38:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百通りの靴の作り方

昔一度だけお会いした方が靴職人だったのですが。

「百通りの靴を作るために『十通りの靴の作り方を知っていて、百通りの靴を作れる人』
『百通りの作り方を知っていないと、百通りの靴を作れない人』がいる」

という言葉が印象的でした。

私は「百万通りの靴の作り方を知っていれば百通りの靴がやっと作れる」気がします。
おまえどんだけ、アホなん?って思われるかもしれませんが、私はそういう精神で生きてます。

馬鹿ならば人の千倍考えて人並み以上に振る舞えるようにすればいいじゃない。

欲しい本が…大ベストセラーで昔から欲しかったんですが、結構今になるとお手頃な価格になりましたね。
ええ、「広辞苑」。
  1. 2012/10/11(木) 06:35:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女の武器、使いました。

水曜レディースデーで映画観に行ってまいりました。
「鍵泥棒のメソッド」

これ、論理展開がかなり数学的で伏線は私にもわかりやすく、かつ丁寧に描写。
あと、セリフが最小限でそこが映画の妙。
常に画面に答えがあり、答え合わせは本当にちょっとにしているので、説明的なセリフが本当に少ないです。
役者さんが本当にいい仕事してます。
主人公二人がフェイス/オフのように幅とバリエーションを求められる演技に丁寧に応えているように感じました。
どのキャラクターにも一貫した文法があるように見受けられました。
そうか、それがキャラというものなのか。
美術や画面の隅々まで美意識が垣間見えました。
特に手帳と文字(内容)、書籍、部屋が非常に好きです。
(余談ですが、ドラマや映画で本棚の描写が好きです。本の内容と収納に性格が出ていると嬉しいです)
わかりやすいのも重要です。
笑いあり涙あり(大泣きしました)のサービス精神満載です。
ジェットコースターみたいですね。
あと、希望がある映画っていいですね。
ちゃんと三人が成長してくれる、人に絶望していない人たちの作るものだと思いました。
「誰かの心を震わせてくれたら、それは天才です」ってのが私の持論。
で、すっごい恥ずかしい話だけど「さぁ、わたしの心を震わせてみせてくれよ」と思いながら映画見始めて、スタッフロールの頃には「よし、次はこっちが心を震わせる側になってやるからな!」と燃える。

「鍵泥棒のメソッド」がお好きな方がいたら「心の旅」(ハリソン・フォード主演の映画)をオススメします。
勿論「フェイス・オフ」(ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ)もいいですね。

予告編の「悪の教典」、なんだろう。「バトル・ロワイヤル」みたいな設定ですね。
バイオレンスって苦手だけど、逆に苦手だからこそ見てみようと思います。
痛覚描写やグロ描写は概ね大丈夫なんですが、アンハッピーエンドは結構じわじわくるんですよねぇ。
でも、何からも人は学べるから嫌いなものから学ぶのもいいなぁ。
あれでちゃんとハッピーエンドに着地してくれたら、それはそれで凄いと思うの。
本当のグロテスクはきっと私の中にあるんじゃないかな。
内臓がグロいんじゃない、いつだってグロテスクなのは精神だ。

早起きしたのでちょっと思考を文章に落としてみる。
実はこれも文章の練習です。
  1. 2012/10/11(木) 06:25:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういう繊細さはいらない。

もしかして、繊細?

騒音がひどいからイヤフォンなしに街を歩けない。
食べ物の好き嫌いが多い。主に匂いと刺激に弱い。
肌触りのいい服しか着ない。
良い靴じゃないと靴擦れが出来る。
結局、シーツですら5000円くらいのものじゃないとしっくりこない。
たまに路地裏で生臭い匂いを感じると結局表通りに戻って歩いている。

ストレスは胃腸が荒れる。
考え過ぎると熱が出る。
やたらめったら喉が渇くときがあって、気付くと4リットルも水分を摂っていた。

食事と睡眠は最低限取らないとなーと。

嗅覚と聴覚は特に防御が大変です。
  1. 2012/10/11(木) 04:01:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きることは死ぬこと。

死の淵を覗いた後にわかったことは私は確実に死ぬのだから悔いのない人生を送ろう。

他者に求めるところは少なくあれ、自分の何かを惜しみなく与えられるものを相手の受け取りやすい形にして送る。

自分に厳しくあれ、で、たまに自分の出した結果は褒めてやる。たまにね。基本ダメ出し。
痛みの方が人は教訓を得る。
痛みに鈍感になるな、って。
マゾだから痛いのは基本ご褒美です。
ま、刺されると困るけど、殴るくらいなら叩くくらいなら別に。
流石に毎日朝から晩まで叩かれたら困るけど。

でも、誰かに何かを伝えるなら褒めて、やる気スイッチ押した方がいいよね。
減点法でなく加点法で他人を見たい。

花に水をやるように夫に愛情表現をしている。

何事も優先順位つけている。
人との約束は守る。
自分との約束はもちろん守るけど、守るために犠牲に出来るものの上限はちゃんと決めておく。

仕事する上で仕事できるのなんか当たり前だから、あとは如何に「この人と仕事したい」って思わせるかだよね。
誰に対しても挨拶、気遣い、親切。
あと、余裕大事。
「余裕をもって優雅たれ」って有名なキャラのセリフが好きです。
朝っぱらから何やってるんでしょうね。さ、勉強と原稿。
  1. 2012/10/10(水) 06:46:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

料理人

料理はたまにしか作りません(忙しいし)
料理ってパズルみたいなもので自分の知っているレシピで作るんですが。

手間かけた方が美味しいけど、お腹空き過ぎたら意味ないよね。
でも、好きな人が食べるんだったら自分の出来る最高のものを出すよね。
自分が食べるだけだったら時間かかんなくてあり合わせで美味しいものを作るけど。

創作もおんなじようなもんで限られた時間に如何に美味しい料理を作るか。
ありあわせの材料でも料理次第で美味しくなるわけで。
納期が短いなら、短いなりに。
長いなら長いなりにやりようがあると思う訳で。

すっげーお腹空いた人がいたら、さっと出せる野菜炒めでもいいでしょ。
逆にこの人味にうるさいわって思ったら、フランス料理のフルコースでもいいと思う訳で。
臨機応変。
相手のニーズに合わせつつも自分の流儀は変えない。
スパゲティ食べたい人には私のスパゲティを出す。
で、いかに美味しく作るかって大事だな。

料理も手際が大事で材料を揃えてから、いかに短時間に手間をかけて美味しいものを作るかって重要。
あと、コスト。(最高の食材じゃなくてもおいしく料理できるでしょ)

最近大風呂敷を広げて畳めない人を見かけるけど、風呂敷を畳める広さのを用意するのって大事ですね。


追記:料理をおいしいか決めるのは食べる人だけどね。
  1. 2012/10/10(水) 04:59:33|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラスエグのこと

「ラストエグザイル 銀翼のファム」と出会って1年になります。

ラスエグと銀ファムで人生が変わったので、ラスエグに対して語ると本当に長いです。

ラスエグ好きさんの友人たちと何度も会っているんですが、昼集合で終電で帰るのが平常運転ってどういうこと?
私、終電なんてほっとんど乗ったことないのに。
ラスエグと出会って、いい意味で人生が変わったので、その話は私小説かエッセイにでもするか。
(ブログに収まりきらないという…)

「LASTEXILE」は「ラストエグザイル 銀翼のファム」を見てから知ったので、友人たちと時系列が逆なのがまた面白いです。銀翼のファムと一期、両方ともいいよね!大好きだ!!

キャラですが。
一期ならディーオ・エラクレアとルシオラ、レシウス・ダゴベールが好きです。
(整備士軍団、ソフィア・フォレスター、アレックス・ロウ、アリスとタチアナも好きです)
二期ならサドリ・ミルザール・アルバッル・サーディク元帥が好きです。(ディーオも大好きよ)
ルスキニアとアラウダ、リリアーナもジゼルも…挙げるときりがないのです。

ちょこっとだけ。
私、ボレアース要塞大好きなんですが。
ボレアースに関してですが、私の知る限り4人以上あそこが特に好き、という方がいます。
ブックレットじゃ大きさが足りないし、ラスエグギャラリーで小林先生の設定画(白黒)を見て、「これ、A4サイズで欲しい」と思っているのは私だけじゃあありません。
あと、プロダクションデザインや美術設定だけで1冊出たら買いたいファンが私の周りにはいます。
私も欲しいよ。大判で観たいですよ!!

ストーリー、メカと美術設定、世界観に語ると長いので本日はそれだけ。
語りたいけど、それはまぁ、本当に長くなるので割愛!!
  1. 2012/10/09(火) 08:12:11|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ意識と管理。

実はいつも気を付けているルールがあります。

睡眠23時00分までに就寝。場合により23時半まで延長可。金曜と土曜日は0:30まで可。
(精神状態により薬を調節。※強い薬は副作用があるため)
一日必ず三食を食べる。食欲がなくとも定期的に食事をする。
(8時から9時までに朝食、12時半から13時までに昼食、20時までに夕食を食べ終える)
水分をとりたいだけとる。
(量は多い分には出ていくけど、摂らないと体調は悪くなりがち)

私は無駄に繊細にできているので、すぐにダメージが体にくるのですよ。
であるならば、管理するべきで。

私は派遣なので作業をすることとその時間いることが大事です。
遅刻・早退・欠勤は信用を落とします。
だから、ちゃんと管理するのも仕事のうち。

技術や知識もつけておいた方が自分が有利になるので勉強します。
あと、職場内人間観察本当に楽しい。
忙しいのも好きですね。仕事している感じがして。

遊ぶ金欲しさに働いているので、ちゃんと稼ぎ続けないとなぁ。
あと、仕事する時間があるから勉強したりアニメ見るのが楽しいのです。
金がいくらでもあって、時間も24時間好きにしていいよって言われてもそんな生活楽しいのかなー。
多分、趣味で仕事してそうですね。

私、一か月更新なんですよー。要らなくなったらいつでも捨てられるんですよー。
都合がいい存在なんですけど、それはお互いさまで。
定時で帰る。残業するなら残業代出る。土日祝日お休み。忙しくなくても8時間拘束。休憩1時間確保。
そして、家から徒歩圏内の通勤で綺麗なオフィスで私服で働けるなら幸せ。
あと、職場のコンプライアンスやパワハラなどの研修もあり、上司もすごくいい人達ばかりなのです。

仕事確保のために色々覚えておく。
今のうちに。

暇になると「仕事ください」言いまくっている。経験は本当に大事です。
パソコンのキータッチ、今は殆ど見ないで出来ますからね。
あと、単純作業得意。
最初に最善手を考えて、間違えのない手順を確立してから作業した方が早いものね。
  1. 2012/10/08(月) 22:03:35|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパンダウちゃんがお家に来ました。

※私は末期です。今ちょっと興奮状態なので痛い子です。


密林より黒猫の使者に手で幻の逸品「スパンダウⅡ」が我が家にいらっしゃいました。
お迎えしちゃった。
しかも、店頭在庫じゃなくて倉庫で日に当たらずに保存されていた子なので、状態がイイ!
きっと私のために待っててくれたのね(違う)
密林だとフィギュア付きって書いてないから、お店さんに問い合わせたら、この子がちゃんとついていると確認して即ぽちり。
いま、パッケージ箱の中にいらっしゃるんですが、もう、かわいい。
真上からに固定されているよ。
小林先生のイラストがちらっちら見えてチラリズム。
どうしよう。開封しちゃおうか、しばらくお預けしようか。

撮影会しよう。
お気に入りの鉱物標本コレクションで囲んでみたり、ジェリービーンズとかお菓子で囲んでみたり、ただのいつもの撮影会セットでシンプル撮影もいいな。
良かった。この素晴らしい彩色!

しばらく箱から出さない状態で撮影妄想しようと思います。
横顔が見たいんだけど、好き過ぎて箱から出せないのね。
箱からあける瞬間の感動は一回きりだからですよ。

スパンダウⅡのお話は本気で準備に入りました。
資料集めはじめましたよ。
小林先生の2005のLIMITEDがチラリズムで妄想が…と、止まらない。
(しかし、冷静になってから書いたり構成しないといいものは書けない。情熱と冷静、重要。)
  1. 2012/10/08(月) 21:21:12|
  2. 模型・プラモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本語が下手。

日本語が下手なので理由を考えています。

私は仕事が電話を取ることをメインにしています。配置換えで1か月くらいです。
もちろん社会人になってからずっと電話は取ってきたのですが、電話専門というのは最近の事です。

私の取るべき回線を死守するのが主な業務です。
結構大きめの会社なので電話回線が非常に多数ありまして、様々な回線に電話が入ります。
なので、電話が鳴ったらとっていいか、とっちゃいけないかを見るのです。
だから、仕事中はずっと耳を澄ませています。
すると横の部署や自分の部署の会話が全部聞こえてくるのですよ。
これが美しい日本語の方だと癒されるのですが、敬語がおかしかったり口調がお客様相手とは思えない方の声もがんがん聞こえてちょっと苦痛です。
私は苦手な音をあまり聞けないので、(自分の取る回線のは別ね。仕事だから)この部署はちょっと大変です。
でも、働くにはいい環境なので続けていきます。

日本語のコミュニケーションって難しいですね。
うまく説明できないことも多々あり、日々精進です。
私の場合結構文字にして考える性質があるらしく。

メールをパソコンから打つ時は書き言葉、携帯から打つ時は話し言葉になってしまいます。
携帯メールよりパソコンから打つ方がしっくりきます。

昔から話し方がおかしい、かたいと言われますが、それは多分書き言葉で思考しているせいなのかもしれません。
あと、言葉や表情に出していただかないと、相手の思っていることを察するのが苦手です。
もっと人とお喋りできるようになりたいです。
(私結構合う人とじゃないと話をまくしたてちゃうか、逆にずっと聞いているかになってアンバランスになりがちです。)

今日もふぁいとー。
  1. 2012/10/05(金) 08:20:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機械仕掛けの月

スパンダウⅡのネタについてプロットを切ってしまった。

主人公 アルフレート(愛称 アル)
旧式スパンダウⅡ デア・モーント(英訳すると The MOON ドイツ語)

SS(エスツェット)=ドイツ語にのみ存在するSとZが一緒になった文字。
(ちなみにドイツ語表記依存文字以外はSを二つ重ねるのが基本)
SPANDOW Ⅱ(zwei)の略からエスツェットというスラングで呼ばれる。

ドイツがEU脱退し、新ドイツ帝国とレジスタンスが抗争する時代。
主人公はレジスタンスの少年兵として旧式のスパンダウⅡに乗って戦う日々を送る。
レジスタンスの勢力が強い地域に住んでいたため、占領から徴兵という流れで兵士になる。
政治的にレジスタンスという訳ではない。
周囲の少年は薬物を与えられ恐怖を知らない兵士となり、旧式の安く払い下げられた「フランクの黒球」を持たない機体で最前線へ駆り出される。
主人公は薬物が体に合わないため、正気のまま戦争という日常に慣れていく。
たまに仲間を見つけたと思っても最前線では消耗品のように仲間が戦死していく。
主人公は次第に心を閉ざしていく。
そんな彼に与えられたのは嫌われる「旧式の白い機体」だった。
たどたどしいドイツ語で話す人工知性を有する旧式のスパンダウⅡ。
主人公はそれに「デア・モーント(月)」と名付ける。
相棒として戦場を共にする一人と一機
戦況は日々悪化していく。レジスタンスは徐々に力を失っていく。
そして、新ドイツ帝国の部隊との戦闘によりレジスタンスは敗走する。
主人公と機体が傷つきながら撤退する中、新ドイツ帝国軍の軍勢に包囲される。
絶体絶命の時に「デモクレスの剣」が発動し武力介入により新ドイツ帝国を退ける。
しかし、主人公の機体は損傷が激しく機能停止に陥る。
主人公はAI部分だけどうにか持ち出す。
「デモクレスの剣」により平和が訪れる。
主人公は壊す側から修理する側になる。いつか自分の愛機のAIを再起動するために。
愛機が見たいと願った裏庭の花畑が見える。

という、話。
一人でも読みたい人がいるのなら私の脳内のすべてを投じて書こうと思うのだが、だれか読みたい人いますか(笑)
デモクレスにしようか、流行りのPMCにするか悩んで、結局デモクレスの剣が来た方が萌えると思いました。
新ドイツ帝国のレイヴンと戦ったり、デモクレスの剣が降下してきたらいいなぁと思うのですが。
新ドイツ帝国が2027までという表記があり、デモクレスの剣が2010年5月22日に北米全滅をやらかしているのでデモクレスではなくPMC(民間軍事会社)が介入の方がいいのかなぁ。

デア・モーントはSPANDOW-02 LORST-1744 RCS の粗悪なコピーです。カラーリングは白っぽいこれが好きなので。月という由来は主人公は知らないんだけど、「フランクの黒球」に対する私の直球なネーミング。
ドイツ語がたどたどしいのは本来英語のプログラムなのにわざとドイツ語を話しているので翻訳ソフトみたいな齟齬をきたしてしまう。
  1. 2012/10/03(水) 23:15:32|
  2. 妄想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

買っちゃった。

お仕事頑張った自分に深夜の私は何を思ったのか、ぽちぽち。
趣味原稿も頑張ってますし、あとね、一昨日の素晴らしい働きぶりはご褒美いいじゃん。
と、物欲解放してました。

あまぞーんという巨大な罠にかかり。

「ICE<劇場版>」DVD
「ラストエグザイル-銀翼のファム-カレンダー」*2
「ラストエグザイル ヴァンシップ タチアナ機&ヴェスパ」*5

DVDはリスペクトする方のだと新品で買います。
というか、最近ちゃんとお金出して買いたいと思うものしか手元に置きません。
ICE 未見なので楽しみです。
映像にしろ作品にしろ、魂削って作られるもんだと思うのでいいと思うものにはちゃんとお金おとすのが流儀というか。
いいもん見せてもらうぜ!&これからも楽しみにしています。
の意味も込めて新品で。

  1. 2012/10/03(水) 08:44:52|
  2. オタク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日常の武装

私の勤務しているところは服装が自由なので、一時期は楽なラフな服装で行っていました。
最近はぱりっとアイロンかけたブラウスとデニムのパンツなど割とかっちりしている服装にしています。

そういう服が好きなのと、精神的にブラウス着ていると仕事モードに切り替えられるから。

香りは難しいところなんだけども、テンションが落ちた時に好きな香りを嗅ぐと落ち着いて平静さを取り戻しやすい。
勿論他の人にはあまり影響がないように揮発時間(香水の香る時間)と強さ(量)を調節して使います。

余裕があればネックレス。
指輪は好きなのですがキータイピングにちょっと難あり。
手触りとか気になってしまうのです。
あと、むくんで食い込んだり、逆に指が細くなってゆるくなったりするので通常つけません。

ワンピースやスカートも好きですが、ストライプのブラウスとの相性はあんまりよくないので、しばらくはプライベートくらいかな。

仕事ができる訳ではありませんが、仕事するにあたって武装してみると、仕事中も迎撃気分。

電話の応対がメインの業務なので、自分の担当する回線を死守せねばならぬ。
その時に武装してた方が精神的に楽だったり。

仕事着をもつ、自分の心を安定させる香りを身に付ける。
それだけのことで結構相手から見られる自分も変わったり。

サラリーマンはそんな感じです。
(OLっていうよりは私は脳内がおっさん(笑)

待機中にスパンダウⅡで妄想しているので中身ともなってませんが。
  1. 2012/10/03(水) 08:25:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妄想してた

仕事中にスパンダウⅡのこと考えてました。

スパンダウⅡの出てくる物語が書きたいなぁ。
読みたいなぁ。

スパンダウⅡ。と少年兵(ドイツ語が母語。名前はアルフレートがいいなぁ)
古いスパンダウⅡ 対 最新スパンダウⅡ。
主人公の乗る古いスパンダウⅡはパイロット達に嫌われるお喋りな機体(へたくそなドイツ語)。

一人称の物語。
「皆、スパンダウⅡのことを鉄の棺桶と言うけど、僕にとっては世界から守ってくれる殻みたいなものだって思う。僕は戦うことしか知らないし、戦う以外の選択肢もない。」

妄想中。
脳内から楽しさと苦痛を伴う出力をするかは悩みドコロ。
  1. 2012/10/02(火) 20:18:39|
  2. 妄想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

私の引き出し

好きなものや素敵なものを見つけると心の引き出しにそっと大事にしまいこむ。
それでも引き出しはいっぱいならない。

最近、自分の好きなものについてどうして好きなんだろうと考えるようになった。
好きな要素について掘下げて考えてみる。

創作や模型作りなど作るときに自分の引き出しの中にイメージやここを目指したいという理想を探してみる。
何を伝えたいか、何に重点を置くか。
そういうことを考えた時に引き出しの中身って結構重要だなぁ。

自分だけの引き出しだけど新規開拓もしていかないとなーと思って
最近は友人、尊敬する人にオススメを聞いてみる。

そのオススメにはいつも自分が持ってる枠を超えたものがあるので、いい刺激になる。
映画にしろ本にしろ。あと友人に誘われた美術展も新たな出会いがあるのでなるべく行くようにしている。

そういう訳でその人の持っている知識・好きなものがその人の引き出しに入っているとするなら、
アンテナを立てて新しいものも古いものも吸収していきたいなぁ。

文章とかやはり語彙と展開・構成は引き出しの中身が問われる部分が多々あるような気がする。

  1. 2012/10/02(火) 08:29:58|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ぺいか=ユノ

Author:ぺいか=ユノ
趣味が勉強で大学生活を謳歌している。ツイッターには予告編ばっかり書いている。
@petigawara

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
オタク (5)
アニメ (2)
日常 (22)
アロマ (1)
本棚の履歴 (2)
模型・プラモ (1)
妄想 (2)
映画 (1)
プロット (0)
ラフ (1)
ヴァンシップ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。